入れ歯やブリッジと比較した八王子のインプラント治療の利点について

歯科で行われている八王子のインプラントとは、歯を虫歯や歯周病、或いは外傷などで失った場合に、義歯が簡単に外れてこないように、顎の骨に直接固定した人工の歯根のことをいいます。従来は歯を失った場合には、ブリッジといって、なくなった歯の両隣の歯を削って、ない部分の歯を作ったり、取り外しの義歯を作っていました。しかし、ブリッジについては、失った歯を作るために両隣の歯を削ることになり、削った歯の寿命が短くなったりすることがあります。また、取り外しの義歯では固いもの噛むと痛みがあったり、噛む度に入れ歯が動いたりして必ずしも快適な使用考えられるわけではありませんでした。これに対して現代多く行われている八王子のインプラント治療では、チタン合金や純チタンを用いて骨との結合が得られやすい形のものが多くなっており、天然の歯と殆ど同じ感覚で物を噛むことができ、他の歯にも負担を掛けることなく永続的に使用できるようになっています。


リンク